1on1って何ですか?

質問の内容

ペンネーム:アントニオ猪林(50代・主婦)
1on1の定義について質問します。1on1とは、企業の中の上司と部下が一対一で対話をすること。目的は部下の成長をサポートすること。面談や相談と違うところは、それが定期に行われ、人事評価などは行われず、上司がコーチングスキルを身につけているところにある。この解釈で正しいでしょうか?

五十嵐 久コーチからの回答

はい。まさにその通りですね。

1on1は、1on1ミーティングとして今すごく各企業さんで注目されていますが、誤解をしている方も多くいます。
従来から行われている上司と部下の面談ってありますよね。
目標設定のための面談とか、人事考課のための面談とか。
そこと混同している方がすごく多いのですが、1on1の一番のポイントは、その部下の成長支援にあるということですね。
だから部下が話したいテーマで進めていく。
しかも定期的に、できる限り頻繁にやっていくというのがポイントになります。

1on1におけるプロのコーチの役割

「どんなふうに1on1を進めていったらいいのかわからない」という上司の方が大勢います。
なので上司の皆さんに、1on1を効果的に進めていく方法、具体的にはコーチングスキルを使ったその進め方をお伝えすることが、私たちプロのコーチの仕事になります。
場合によってはプロのコーチである私たち自身が、上司の代わりになって社員の面談をしていくということもあったりします。

回答していただいたコーチ

五十嵐 久

  • 一般社団法人日本エグゼクティブコーチ協会 会長
  • 株式会社コーチビジネス研究所 代表取締役
  • 中小企業診断士
  • 国際コーチング連盟認定プロフェッショナルコーチ

エグゼクティブコーチとして、独自に開発した『価値観の調和マネジメント』の中小企業の皆様への導入支援と組織開発に取り組んでいます。学生時代に支えて頂いた中小企業の皆様への恩返し・恩送りを胸に、大学卒業以来中小企業支援一筋で取り組んでまいりました。これまで関わった企業数は延べ3,800社になります。”経営者一人一人にコーチを”という社会の実現を目指し、『価値観の調和マネジメント』を通して、『幸せ創造企業』の成長と発展に貢献したいと考えています。

関連記事一覧