コーチングとは?

あなたはコーチという言葉を聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?

多くの人はスポーツ選手のコーチを思い浮かべるでしょう。
そのようなコーチの使命は、選手のパフォーマンス(成果、業績)を最大限に向上させることです。

しかし、パフォーマンスを向上させたいと思うのは、スポーツ選手に限られたことではありません。

ビジネスに携わる人々、成績を良くしたいと考えている学生、自分の夢を実現したいと考えている人など、コーチの助けは誰にとっても必要です。

コーチ(coach)という言葉が最初に世の中に登場したのは1500年代だとされ、その本来の意味は「馬車」です。

大切な人を目的地まで送り届けるという役割から、コーチはその対象者の目標達成をサポートする役割を持つ者と考えることができます。

銀座コーチングスクールでは、コーチングを次のように定義しています。

パフォーマンス向上のために、対話によって対象者を勇気づけ、”気づき”を引き出し、”自発的行動”を促すコミュニケーション・スキル。

コーチングを受ける側に軸足を置いて言い換えると、「本人か”ヤリタイ”ことをやり、”ナリタイ”になるための、”行動”を促すコミュニケーションの技術」と表現することもできます。

”ヤリタイ”ことをやり”ナリタイ”になるためには、まずは本人がそりらに気づき、実現するための行動を起こすことが不可欠です。

コーチは、それをサポートしてくれる存在です。

コーチングの前提となる3つの考え方

  1. 人間は無限の可能性を持っている
  2. 答えは相手の中にある
  3. コーチは答えを見つけるパートナーになる

コーチングがクライアントにもたらす効果

  1. ゴール(目標)とその達成イメージが明確になります
  2. 毎回、自分の得た成果をコーチと話すことにより、ゴール達成へ向けての意識の集中を継続することがきます
  3. ヤリタイことを実現するために何をすべきかが、毎回具体的になるため、行動が促されます
  4. 気になっていることや心のわだかまりをコーチに話すことで心身のストレスが減ります
  5. コーチと約束することにより、怠け心を克服することができます
  6. 感情が最大限に尊重されるので、心から受け入れられている安心感を得られます

コーチングを学ぶことで得られる効果

  1. 周囲の人々とのコミュニケーションが改善されます
  2. 相手との違いを認め、受け入れることができるようになります
  3. 人と関わることや、サポートすることの喜びを感じられます
  4. 物事の否定的な面ではなく、肯定的な面に目を向けることができるようになります
  5. 自分の感じたことを、率直に話すことができるようになります
  6. 自分自身や自分の持つリソースに対する理解が深まります

コーチングFAQ

どんな人がコーチングを受けるのでしょうか?

独立起業や資格取得などの目標を達成したい人、ダイエットなど生活習慣を改善したい人、仕事で成功したい人、業績向上を図りたい人(経営者、会社員、学生、主婦など様々な方々)などがコーチングを受けています。

コーチは具体的にどんなことをするのでしょうか?

クライアント(コーチングを受ける人)がどんな課題を抱え、どんな目標を達成したいのか、どのようにしてその目標を達成していくのかなど、話をよく聴いて、いろいろな角度から質問したりします。そしてクライアントを勇気づけ、アイデアや気づきを引き出し、具体的行動ができるようサポートします。

関連記事一覧